船橋市 CT 歯科 下総中山 かじやま歯科クリニック

船橋CT歯科センター
歯科用CTを県内、初の導入

船橋CT歯科センターによせられる、よくある質問

セカンドオピニオン

現在、歯科医院に通院している多くの患者さんは自分が受けている医療に対して診療時間が短く、主治医に十分な話を聞けない患者が多く、多少の不信感を感じ ています。私ども歯科診断CTセンターではあくまで第三者として歯科でも最先端の歯科用CTスキャンの導入により、これからの治療の可能性や治療法、治療 費などについてお話しさせていただき皆様の手助けを行っています。今まで検査しても発見できなかった原因の解明やこれからインプラント治療や矯正治療を始めようとする方、セカンドオピニオンをご希望される患者さんの検査と診断を中心に行っています。

歯科用CTとは?

CTとはコンピューターによる断層撮影検査です。CT検査は、歯だけでなくあごの骨の3次元情報 (顎骨質や骨形態、神経の位置など)がデジタルデータで表示されるので、 様々な治療場面で正確な診断を下すことができます。
通常、歯科で使われるレントゲンが2次元撮影(平面)であるのに対して、CTは3次元撮影(立体)です。

歯科用CTと医科用CTの違いは?

歯科用CTと医科用CTとの大きな違いは、
1)撮影方法が医科用は横たわるのに対し、 歯科用CTでは座ったままでの撮影となります。
2)撮影時間がかなり短く、約10秒ほどで済みます。
3)被爆線量が医科の1/8〜1/50と低水準です

従来の歯科用レントゲンとCTとの違い

デジタルレントゲン画像は、従来のレントゲン画像よりX線の被爆量も少なく、より鮮明に歪みがなく撮影できますが、平面上でしか顎の状態を捉えることがで きない(2次元)ので、実際にインプラント手術を行なうと、術前に想像していた状態とは、顎の幅や厚みが異なる場合があり、術前に計画した通りのインプラ ントを埋入することができない事があります。 そのためインプラントの手術時間が長くなったり、さらに別の処置が増えたり、さらには治療計画そのものを変更せざるを得ない場合もあり、患者様に一層の負担をかける事があります。歯科用CTにより三次元の 高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明にも役立ちます。

シムプラントとは?

シムプラント(SimPlant)は、CT撮影のデータを再構成した3D画像により、多角的な測定やインプラント埋入シミュレーションを実現します。
下顎管は線描画機能で見やすく表示し、埋入位置までの距離や頬舌的位置が的確に把握できます。
上顎では、複雑な骨形態が明確になるだけでなく、上顎洞炎、嚢胞、粘膜肥厚なども術前に発見しやすくなります。さらに、サイナスリフトに必要な骨体積も計算できます。

お電話でのお問い合わせは

Copyright(C),2009 船橋歯科CTセンター All Rights Reserved.